コンプレックスに感じているなら【手術をしてほくろを取り除く】

サイトメニュー

肌コンプレックス解消方法

カウンセリング

クリニック選びと手術内容

ほくろは、誰もが持っている個性の一つですが、大きさ、場所、数によっては大きなコンプレックスとなってしまうことがあります。しかし、そのようにコンプレックスとなっているほくろは、美容整形外科や皮膚科に行けば除去することが出来ます。除去手術には様々な方法があり、医師の診察のもと適切な方法が取られます。多くの場合、一度の通院で綺麗に除去出来るため、手術を受ける人は年々増えてきている傾向にあります。気になる料金ですが、手術料金はクリニックによって設定されている除去の値段が大きく異なります。値段の違いは、除去手術後にトラブルが起きた場合の保障や、ケアサービスなどに左右されることが多いため、サービス内容をしっかり確認してからクリニックを選ぶと良いでしょう。例えば、除去手術後に患部に痛みやかゆみが発生したり、ほくろが完全に消えていなかったりした場合、値段が若干高く設定されているところでは再手術が無料で受けられる場合があります。自分の予算とも相談して、適切なところを選びましょう。また、場合によっては保険が適用になる場合があります。それは、検査の結果、ほくろが悪性の腫瘍など医療目的で除去をしなくてはならないということが発覚した場合です。通常の除去手術は美容医療になりますが、腫瘍などの場合は、健康のためのれっきとした医療行為です。最初に美容整形のクリニックで検査を受けてそのようなことが発覚した場合、専門の皮膚科などに転院すれば、保険適用で安くなるのでしっかり検査はしてもらいましょう。ほくろ除去手術の方法として、最も多く採用されているのがレーザーを使った方法です。特殊なレーザーを除去したいほくろ部分に照射することで、真皮層にあるメラニン色素を破壊することが出来ます。比較的小さなものや、突起が少ないタイプによく使われます。レーザー治療は痛みも少なく、また料金も比較的安いのが特徴です。さらにダウンタイムも短く、傷跡も残らないというメリットもあり、人気の方法です。しかし、ほくろによっては何度か通院しなくてはならない場合もありますので、初回検査の時にチェックしてもらうようにすると良いでしょう。また、反対に大きく突起があるタイプの場合は、メスを使い直接外科手術を行い取り除くという方法を取ることがあります。ダウンタイムはレーザー治療よりも長く、麻酔が切れたあとは痛みを伴うこともあります。しかし、メスを使って直接綺麗に切り取ってしまうため、再発の危険性がないというメリットもあります。他にも、クリニック独自で開発された器械を使った方法などもあるため、手術を受ける前にクリニックのホームページをしっかり確認しておくのがおすすめです。また、ダウンタイムの過ごし方も重要です。医師に言われたことを守り、場所によってはメイクが禁止の場合などもありますので必ず守りましょう。患部をむやみに触ったり掻いたりしてしまうと、そこから感染症をおこしてしまう危険性もあります。入浴なども一定期間は避け、なるべく安静に過ごしましょう。ダウンタイムを正しく過ごすことによって、除去手術の跡がより綺麗になります。

Copyright© 2018 コンプレックスに感じているなら【手術をしてほくろを取り除く】 All Rights Reserved.